美顔器

今から3年ほど前に、ホームエステが出来るというので、美顔器を購入したことがあります。ローンで40万位だったかと。

エステなど興味のあったころ、若気の至りで、友人に勧められてついついでした。ちょうどその時は乾燥肌がひどくなり始めて、肌がボロボロだったんですよね。化粧のノリも悪いし、でもスッピンでは絶対に外出できない。そこで、ちょっと高いけど思い切って購入したんです。

使い方や、進捗状況などは、センターがあってそこで見てもらえるので、たびたびそちらでチェックはしてもらうのですが、なかなか長続きしないもので・・・。

イオン水が蒸気になって出てきて、気持ちよく、割と操作も簡単だったので、最初のうちは、物珍しく頑張っていました。

しかし、物がでかい!いちいちセットするのが結構大変で、出してしまえば、後は簡単なのですが、出すまでに至る日がどんどん減ってきて・・・。

毎月送られてくるイオン水がどんどんたまって行き・・・。ついに、やめてしまいました。結局、実際使った期間と言えば半年も持たなかったんではないかなと思います。本当に勿体ないですよね。。。 今や機械は押し入れの中です。誰か買ってくれませんかね。安く譲りますよwww

結局今はずっと、化粧水で肌のお手入れをしていますよ。コレが結構私の肌に合っているみたいで、乾燥肌で悩まされていた私も、今の化粧水で十分顔の保湿が出来て、モチモチの肌になってます。

なんか、わざわざ美顔器に40万円もかけた自分があほらしいですね。

今だと、3か月数千円で済むぐらいですからね。高い物がいい!っていうのは大きな間違いですね。

以前は女性の憧れの職業でした

看護師の仕事について言えば以前は女性の憧れの職業の1つでしたが身体の疲れや患者への気苦労で職場を去る人が多くなったことです。

この職業は誰でもできる事ではなく国家試験に合格しないとなれません。そのプライドを思っての近年までの仕事でしたが医療改革で医師の不足をきたし、また看護師の仕事量が増えた結果になってしまったことです。国の資格でありながら医師や看護師が医療機関を去る人を多くしてしまいました。
医療国家は体制造りが極めて難しいと言われていますが国自体が、以前に築き上げた医療体制を崩してしまったことにより、現代の高齢者社会をどのように支えて行くという根本的問題を残してしまいました。
一旦崩れた文化国家を元に戻すことは、そう簡単な問題ではありません。

こういったことから、病院も看護師不足となり、アルバイトの看護師さんもたくさん募集している状況みたいですね。アルバイトならば手軽に始められると感じる人も多いでしょうからね。

もちろんアルバイトだからといって、簡単になる仕事ではないですが、正社員よりかは心的ストレスは軽減されるのではないでしょうか。

健康一番

40歳を過ぎた辺りから、体の健康の事を考えるようになりました。

やっぱりいつまでも元気で長生きしたいですからね。

一番に変えたところは、やはり食生活です。

若い頃は何も考えず、食べたいものを食べたいだけ、といった考えだったんですが、今はカロリーの事も考えて食べるようにしています。

また、野菜も出来るだけ無農薬の新鮮な野菜を買うように心掛けています。その分、値段は高くなってしまいますが、健康の為にお金を使うのは良い事ですよね。