留学がしたくて。

大学4年時に、アジアへ私費留学をすることになった私。 なんとかお金を捻出し、留学先に行く渡航・生活費のみ貯めれました。

ところが、その当時SARSという病気がアジアではやりました。 もれなく、留学先も該当してしまい大学より時期未定で、 留学を延期するようにを命じられました。

まさかの事態です。 留学のためのお金はあるものの、このままだと留学自体がなくなってしまいます。 日本に滞在するお金など考えてませんでした。 しかもアパート解約後→留学の延期を命じられたので すむ場所もなくなってからの延期を言われてしまいました。

迷いに迷った挙句、 友達の家を転々としながらバイトを続けながら東京に残ることに決めました。

何かローンを組んで費用を作ることも考えました。JAバンクローンを両親が使っていたことも知っていたのでここのローンなら安心かとも思いましたが。言えば借金を抱えることになるのでそれは踏ん切りがつきませんでしたね。。。((+_+))

友達に申し訳ない気持ちになりながら2週間ほどずつ転々としました。 情けない気持ちになるばかりで究極に追い込まれました。 留学するためのお金はある、これをあきらめれば、自分の居場所が確保できます。 目の前に、幼いころから願った留学がなくなってしまう恐怖感。 後で考えたら親を頼りにすればよかったのですが、 当時両親も幼い姉妹を抱えていたうえ 留学に対して反対されていたので頼れませんでした。 自分自身にすべてがかかっていました。 バイトを続けながら、渡航を待ちました。 友人に助けてもらい一度もホテルなどに泊まることなく東京に残ることが出来ました。

数ヵ月後、解除され留学先に渡航出来たのですが 留学先についたときの安堵感は何物にも言い難いものでした。 ただ、留学したことで私の夢はかない、 悔いなく学生生活を送ることが出来ました。

この体験が私にとって、辛かったですが糧となりました。 苦労はしたけど今ではいい思い出です。

亭主関白!

結婚する前は夫には何も不満がありませんでした。しいて言えばちょっとだけ「ほうれい線」が目立つかなというくらいで、彼の性格や行動に関しては全く不満がなかったと言えます。

あっ、あと汗かきなのもちょっと嫌なところかな。まぁ仕方ないですが。付き合っている時に手をつないだら、手汗がびっちょりで、えっ!?って思った事はありましたね。

それから、手汗を止めるデオドラントを買ってあげるようになりましたが(笑)

結婚後は独身時代よりも大好きになってしまったのですが(笑)、やはり長い間一緒に過ごしていくうちにだんだんと夫の欠点が目につくようになりました。

基本的には大好きですが、あえて言うならば「私に対して意見を押し付けすぎる」とうところでしょうか。彼の言うことはいつもこんな感じです。

「お前は俺の言うことを全然聞かない。黙って俺を信頼すればいいんだ。」このセリフを何度聞いたことでしょうか。

言い訳をさせていただくと、私は彼に対してヒステリーをおこしたり、大声でわめき散らしたりするようなことは一度もしたことはありません。ただ、彼の意見にちょっとだけ「ブツブツ」と不満を漏らしているだけなのです。

それも完全に否定的な意見ではなく「それよりもこうしたほうがいいんじゃないかなぁ」くらいの可愛い文句なのです。

夫がこの世で最も嫌いな女性のタイプに「ヒステリーを起こす女」というものがあるらしいので、そこは絶対に気を付けているつもりです。

ヒステリーをおこし「いい加減にしてよ!!」などと大声で怒るよりはブツブツと文句を言うくらい可愛い物なのではないかと思うのですが。

けれども夫はそれすら不満に思っているとのことですので、結局はヒステリー状態で夫の意見を否定するのもブツブツと小声で否定するのも夫の意見を否定している内容は同じなので不満なのでしょうね。

わかってはいるけれども私にも人格があるのでそんなに自分の意見を押し付けないでいただきたいと思うのです。これは私のわがままなのでしょうか!?

我が家にしてはすごく贅沢

つい、先日です。
家族三人で夕飯を外食に行きました。
普段うちはほとんど外食しないです。

なぜかというと、主人が独身の時に購入したバイクのローン清算のために一気に貯金を使い果たしたうえ、住宅ローン返済があるからです。

結婚をする前から、その借金のことは知っていました。でも、主人とずっと一緒にいたくて、一緒に家族を作りたくて、貯金のなかった主人に変わって、私の貯金で清算をしました。

そのために節約、倹約、貯蓄をモットーに生活しています。
ですが、その日はちょっとした理由がありました。
ついに私が第二子を妊娠したのです。二人目欲しいね、といい始めてからはや何年…一人目はじきに6歳になります。
やっと授かった二人目、つわりがハンパではなく、ほぼ2か月私は吐き気とだるさでろくに食事もとれませんでした。
そのつわりが終わったご褒美に、外食しようということになったのです。
私がアジアっぽいものが食べたい、とリクエストしたのでモンスーンカフェに行きました。薄暗いお店でご飯を食べるなんて娘は初めてできょろきょろしています。なんたってファミレスくらいしか行ったことないですからね。
どうしても食べたかった生春巻きやエビトーストなどを存分に食べました。ココナッツマンゴーなんていう南国ムード満載の飲み物もいただいたりして大満足です。結果、お支払いは1万円です。いや、人によっては全然贅沢じゃないんだと思います。でも、うちは一か月の外食費が5千円なんです。この日だけで2か月分です!
高いけれど、大満足でした。たまにはこういうお金の使い方もいいなあ、また頑張って貯蓄をしよう、と決意も新たにできました。

これから産まれてくる子供のためにも、もう少し節約、倹約をがんばろうと思います。

もっともっと子供にお金がかかるようになったとき、子供に不自由な思いをさせたくはないですからね・・・(>_<)

美顔器

今から3年ほど前に、ホームエステが出来るというので、美顔器を購入したことがあります。ローンで40万位だったかと。

エステなど興味のあったころ、若気の至りで、友人に勧められてついついでした。ちょうどその時は乾燥肌がひどくなり始めて、肌がボロボロだったんですよね。化粧のノリも悪いし、でもスッピンでは絶対に外出できない。そこで、ちょっと高いけど思い切って購入したんです。

使い方や、進捗状況などは、センターがあってそこで見てもらえるので、たびたびそちらでチェックはしてもらうのですが、なかなか長続きしないもので・・・。

イオン水が蒸気になって出てきて、気持ちよく、割と操作も簡単だったので、最初のうちは、物珍しく頑張っていました。

しかし、物がでかい!いちいちセットするのが結構大変で、出してしまえば、後は簡単なのですが、出すまでに至る日がどんどん減ってきて・・・。

毎月送られてくるイオン水がどんどんたまって行き・・・。ついに、やめてしまいました。結局、実際使った期間と言えば半年も持たなかったんではないかなと思います。本当に勿体ないですよね。。。 今や機械は押し入れの中です。誰か買ってくれませんかね。安く譲りますよwww

結局今はずっと、化粧水で肌のお手入れをしていますよ。コレが結構私の肌に合っているみたいで、乾燥肌で悩まされていた私も、今の化粧水で十分顔の保湿が出来て、モチモチの肌になってます。

なんか、わざわざ美顔器に40万円もかけた自分があほらしいですね。

今だと、3か月数千円で済むぐらいですからね。高い物がいい!っていうのは大きな間違いですね。

以前は女性の憧れの職業でした

看護師の仕事について言えば以前は女性の憧れの職業の1つでしたが身体の疲れや患者への気苦労で職場を去る人が多くなったことです。

この職業は誰でもできる事ではなく国家試験に合格しないとなれません。そのプライドを思っての近年までの仕事でしたが医療改革で医師の不足をきたし、また看護師の仕事量が増えた結果になってしまったことです。国の資格でありながら医師や看護師が医療機関を去る人を多くしてしまいました。
医療国家は体制造りが極めて難しいと言われていますが国自体が、以前に築き上げた医療体制を崩してしまったことにより、現代の高齢者社会をどのように支えて行くという根本的問題を残してしまいました。
一旦崩れた文化国家を元に戻すことは、そう簡単な問題ではありません。

こういったことから、病院も看護師不足となり、アルバイトの看護師さんもたくさん募集している状況みたいですね。アルバイトならば手軽に始められると感じる人も多いでしょうからね。

もちろんアルバイトだからといって、簡単になる仕事ではないですが、正社員よりかは心的ストレスは軽減されるのではないでしょうか。

健康一番

40歳を過ぎた辺りから、体の健康の事を考えるようになりました。

やっぱりいつまでも元気で長生きしたいですからね。

一番に変えたところは、やはり食生活です。

若い頃は何も考えず、食べたいものを食べたいだけ、といった考えだったんですが、今はカロリーの事も考えて食べるようにしています。

また、野菜も出来るだけ無農薬の新鮮な野菜を買うように心掛けています。その分、値段は高くなってしまいますが、健康の為にお金を使うのは良い事ですよね。